太左衛便り


  
皆様、こんにちは。望月太左衛です。
「太左衛便り」では、新たな教室や
チラシなどでイベントのご案内をいたします。

【教室ご案内】

☆伝統芸能教場 鼓樂庵の新しい勉強の場!!
和楽器を始めよう!囃子を深めよう!伝統芸能を楽しもう!
ふるってご参加ください!!

〇和楽器のおけいこ~はじめての方大歓迎~
・講師 望月太左衛ほか
・内容 小鼓、太鼓、笛、三味線、声それぞれのやさしいお稽古
    <複数選択受講可>
・曜日 月2回水曜日(12月は未定)
・月謝 8,000円<1楽器の受講ごと>
・時間 
10:00~11:00     小鼓
11:15~12:15   太鼓
13:30~14:30   笛
14:45~15:45   三味線
16:00~17:00   声

〇邦楽囃子教室
・講師 望月太左衛
・内容 小鼓、大鼓、太鼓(三拍子)の稽古
・曜日 月2回月曜日12月は4日、18日)
・時間  昼の部15:00~16:30  夜の部18:30~20:00
   <昼夜どちらか選択> 
・月謝 20,000円

歌舞伎囃子教室
・講師 望月太左衛
・内容 黒御簾の中での演奏、大太鼓の奏法などを勉強します。
・曜日 月2回月曜日(12月は4日、18日)
・時間  17:00~18:00
・月謝 15,000円

〇望月太左衛個人稽古のご希望の方は        
 予約制となります。





【イベントご案内】

2017年
▽1/5(木)~8日(日)『ニッポン音展 vol.7 』
 ~飛翔の年!和楽器でつづる花鳥風月~いりや画廊
▽1/15(日)『三人会』 14:00~ 池田山舞台
▽4/14(金)『新の会』 18:00~ 国立小劇場
▽6/18(日)『第3回松永鉄九郎門下名取勉強会』12:30~お江戸日本橋亭
▽11/17(金)『オーケストラ・プロジェクト2017響生ー生命の音、時空を超えて』19:00~
東京オペラシティコンサートホール
▽12/20(水)『和と洋の響きあいコンサート vol.2 』
 ~和洋今昔冬景色~音楽の友ホール
▽12/24(日)カバレットろびぃ寄席『楽しく楽な邦楽講座』 17:00~ 東京・両国シアターΧ


2018年
▽1/4(木)~7日(日)『ニッポン音展 vol.8 』
 ~日、月、星!そして地球へ!~いりや画廊
▽1/14(日)『三人会』 14:00~ 池田山舞台







▽1/4(木)~7日(日)『ニッポン音展 vol.8 』
 ~日、月、星!そして地球へ!~いりや画廊



▽12/24(日)カバレットろびぃ寄席『楽しく楽な邦楽講座』 
17:00~ 東京・両国シアターΧ



▽12/20(水)『和と洋の響きあいコンサート vol.2 』
 ~和洋今昔冬景色~音楽の友ホール







▽11/17(金)『オーケストラ・プロジェクト2017響生ー生命の音、時空を超えて』
19:00~東京オペラシティコンサートホール




▽6/18(日)『第3回松永鉄九郎門下名取勉強会』
12:30~お江戸日本橋亭





▽4/14(金)『新の会』 18:00~ 国立小劇場



▽1/15(日)『三人会』 14:00~ 池田山舞台



▽1/5(木)~8日(日)▽『ニッポン音展 vol.7 』

2016年
▽12/25(日)『和と洋の響きあいコンサート』 13:30~16:00戸塚区民文化センターさくらプラザホール
▽11/30(水)『第14回 朗読会南風東風』 13:00~ 内幸町ホール
▽7/8(金)『第6回ラガヴーリン62箏・三味線コンサート』 18:30~ 古賀政男音楽博物館けやきホール
▽5/25(水)『朗読ふたり会 凛』 13:00~ 内幸町ホール
▽5/4(祝)『葛タカ女 舞の会 地唄舞・葛流創流十五周年』 12:00~かつら会
      18:00~ 葛タカ女舞の会「雪月歌」 東京・国立小劇場
▽4/6(水)『第五回大塚拝子の会』 18:00~ 西宮市プレラホール
▽3/21(月祝)能楽〈宝生能楽堂〉3/30(水)10時半〜、14時半〜長唄・三曲・日本舞踊〈浅草公会堂〉
 キッズ伝統芸能体験発表会
▽3/24(木)五代目杵屋勘五郎追善百年祭 記念祝賀杵屋響泉長唄の会 13:30~ 紀尾井小ホール
▽2/3(水)ロビー寄席 「囃して節分 福は内!」  18:00~ 両国シアターカイ 
▽1/31(日)新春檜舞台 「靱猿」他13:00~ 石川県立音楽堂


 



▽12/25(日)『和と洋の響きあいコンサート』
13:30~16:00戸塚区民文化センターさくらプラザホール




▽11/30(水)『第14回 朗読会南風東風』 13:00~ 内幸町ホール




▽7/8(金)『第6回ラガヴーリン62箏・三味線コンサート』 
18:30~ 古賀政男音楽博物館けやきホール





▽5/25(水)『朗読ふたり会 凛』 13:00~ 内幸町ホール




▽5/4(祝)『葛タカ女 舞の会 地唄舞・葛流創流十五周年』



▽4/6(水)『第五回大塚拝子の会』
西宮市プレラホール


▽3/21(月祝)13時〜能楽〈宝生能楽堂〉
 3/30(水)10時半〜、14時半〜長唄・三曲・日本舞踊〈浅草公会堂〉
 キッズ伝統芸能体験発表会



▽3/24(木)五代目杵屋勘五郎追善百年祭
 記念祝賀杵屋響泉長唄の会
 紀尾井小ホール



▽2/3(水)ロビー寄席 「囃して節分 福は内!」
 両国シアターカイ




▽1/31(日)新春檜舞台 「靱猿」 
石川県立音楽堂






2015年
▽第11回 鼓樂庵 ゆかたまつり 8/29
▽北國邦楽舞踊特選会  4/29
▽一葉さくらまつり おいらん道中  4/12(順延)
▽日吉大社 御奉納  4/5
▽シアターカイ ろびぃー寄席 4/1
▽赤坂サカス文楽 3/24~27
▽三番叟まつり 3/29 
▽女楽 黒御簾音楽・勧進帳 ほか 2/27
▽吉原二調鼓の会 お話と体験  2/14
▽ニッポン音展 vol.4 ~伝統芸能は世界に!未来に響く!~ 1/13~18
▽旧芝離宮・初春三番叟 1/2,3






▽第11回 鼓樂庵 ゆかたまつり 8/29



▽北國邦楽舞踊特選会  4/29



▽一葉さくらまつり おいらん道中  4/12(順延)


▽日吉大社 御奉納  4/5


▽シアターカイ ろびぃ寄席 4/1




▽赤坂サカス文楽 3/24~27



▽三番叟まつり

三番叟まつりは第5回目として東銀座・時事通信ホールで
リニュ―アルスタートします!
より多くの方々に和楽器を身近に体験していただこうと思います。
第一部は鑑賞型のコンサート、第二部は参加型のコンサート
と二部構成です!

日時:2015年3月29日(日) 13:00~15:30
場所:時事通信ホール(地下鉄・東銀座駅下車/新橋演舞場ななめ前)
《入場料:全席自由・大人3,000円、子供・学生1,000円》

第一部・春を寿ぎ!鑑賞しよう!!
〇 寿三番叟 笛 竹井誠
〇 琵琶 弁財天幻想 琵琶 田原順子
〇 音語り さくらさく(望月太左衛作) 語り 丹阿弥谷津子
〇 義太夫 万歳 浄瑠璃 竹本弥乃太夫
〇 創作 春雷 立方 剱伎衆かむゐ

第二部・春と遊び!参加しよう!!
〇 はじめての三番叟 ~長唄・雛鶴三番叟~ はじめての鼓!舞台で体験できます!
〇 さくらさくら三番叟
〇 小鼓合奏 松の翁 箏 外川麻貴子
〇 太鼓合奏 鶴亀 
〇 長唄 勧進帳  
〇 寿獅子 笛 尾股真次
〇 合奏 鼓楽三番叟 皆様もごいっしょに!
  エレクトーン セリアダンケルマン バイオリン 白瀬ゆり   

「はじめての三番叟」みんな!鼓で参加しよう!
・御参加の方は10時半~集合、鼓の練習、舞台稽古、本番となります。
・ご希望の方はFAX・電話・メールにより3月20日までにお申し込みお願い致します。 
・参加費:大人 10,000円 着物で参加の場合は8,000円〈子供・学生は半額〉おにぎり付
・着物の着付け希望、着物のレンタルもできます!


▽女楽 黒御簾音楽・勧進帳 ほか


▽吉原二調鼓の会 ~お話と体験~




▽ニッポン音展 vol.4 
 ~伝統芸能は世界に!未来に響く!~



▽初春三番叟
日時:2015年1月2日(金)・3日(土)※荒天中止
    10時、13時30分(各回約30分)
場所:旧芝離宮恩賜庭園・弓道場(JR浜松町駅からすぐ)
参加費:無料(入園料別途)
参加方法:当日自由参加





2014年
▽第23回 邦楽囃子新の会 12/11
▽二調鼓の会 11/22
▽和太鼓蓮うてな チャリティ演奏会『千海万色』11/15
▽東洋大学文学部伝統文化講座 11/8
▽二世望月太左衛 鼓樂~三番叟 陰陽の響き~vol.6 10/22
▽第10回 鼓樂庵ゆかたまつり 8/24
▽第15回 鼓樂庵京都教室ミニおさらい会 8/9
▽第13回 みちびきまつり 8/3
▽ニッポン音展 7/8~7/13
▽日枝神社 山王祭 6/13
▽談山神社奉納 「音語り さくらさく」 6/22



▽第23回 邦楽囃子新の会
時・12月11日(木)午後5時開演
所・日本橋公会堂(日本橋劇場4階ホール)
 <東京都中央区日本橋人形町1丁目1−17℡03-3669-2102>
チケット・3,000円(全席自由)
曲目・長唄「菊寿草摺引」 長唄「浦島」 一調一管「雪烏」(藤舎名生作曲)
~桜三題~長唄「桜狩」 長唄「助六」 清元「喜撰」
望月太左衛は、大好きな~桜三題~長唄「桜狩」 清元「喜撰」に出演いたします。


▽二調鼓の会
日時・11月22日(土)午後3時~
会場・お休み処「花の辻」




▽和太鼓蓮うてな チャリティ演奏会『千海万色』
日時・11月15日(土)午後4時半~
会場・川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)



▽東洋大学文学部伝統文化講座
日時・11月8日(土)午後2時40分~
会場・井上円了ホール




▽二世望月太左衛 鼓樂~三番叟 陰陽の響き~vol.6
日時・10月22日(水)午後7時~
会場・時事通信ホール



▽第10回 鼓樂庵ゆかたまつり
日時・8月24日(土)11:00~
会場・紫山会館


▽第15回 鼓樂庵京都教室ミニおさらい会
日時・8月9日(土)15:00~
会場・スペースNAWA





▽第13回 みちびきまつり
日時・8月3日(日)15:00~打ち水 16:00~ 創作踊り
18:00~花の辻コンサート
会場・浅草見番前/舞台



▽ニッポン音展
日本の夏!いりや画廊の夏!
東京・いりや画廊とのコラボレーション!
「ニッポン音展  vol.3 ~日本の響き・温故知新~」を開催します。
日時・7月8日(火)~7月13日(日) ワンドリンク付き 2000円
(昼の部 14:30~16:00, 夜の部 18:30~20:00)
13日(日)は13:00~14:30<1回のみ>
会場・いりや画廊
ワンドリンク付き 2000円

7月
8日(火) 古典から現代曲、創作へと天に響く琵琶の音!   
    琵琶・田原順子
9日(水) 箏の魅力・十三絃から十七絃への創造   
     箏・長谷川愛子 細川英子
10日(木) <昼の部> 雅な時を語る声と音     
朗読・田口美恵子 音語り・望月太左衛 
10日(木) <夜の部> 江戸吉原の賑わい今に! 
語り・丹阿弥谷津子 長唄・和歌山富野 二調鼓・吉田睦子
11日(金) 謡う・舞う・弾く・歌う     
能楽・東川光夫
12日(土) 三味線と江戸を味わう
長唄・糸好会 笛・竹井誠 幇間・桜川七太郎
13日 (日) 祭をはやし、日本・世界をはやす!!
江戸里神楽・尾股真次 山桜会

12日(土)・13日(日)午前11時~12時
おとなもこどもも和楽器体験広場(無料)
<指導>望月太左衛・鼓樂庵 
日本の伝統音楽で使われている和楽器を実際に
体験していただくオープンスペースです!!
箏、三味線、笛、小鼓、大鼓、太鼓など、まず手にとってみてください!
今回から子どもゲストコーナーを作りました。
細川喬弘君 (中3)がコンテストで優勝した
箏のソロ曲「祭の太鼓」を聞いていただきます。

ご来場お待ちいたしております。


   
▽日枝神社 山王祭
東京の町が江戸時代にタイムスリップしたようになるお祭です!! 


▽談山神社奉納 「音語り さくらさく」
~「さくらさく」感謝をこめて~
私が初めて談山神社に行かせていただいたのは、昭和53年3月東京藝術大学・研修旅行の時でした。
十三重の塔を下から見上げその迫力に圧倒された覚えがあります。その翌日奈良に詳しい能楽専攻の同級生とともに
奈良の宿舎から桜井駅に行き、そこから山の辺の道を歩きました。大神神社、玄寶庵など長岳寺でにゅうめんを
いただき、途中ダッシュをしながら石上神宮まで行きました。夕方天理駅から再び奈良に戻りました。それから奈良は
私にとってあこがれの地となり、入江泰吉氏、土門拳氏の写真集をよく見ていました。

昭和58年、藝大大学院修士論文「小鼓の構造」の研究の中で、多武峰が鼓の里であったことを知りました。
私にとってとても嬉しいことでした。その鼓の里のイメージをふくらませ、平成3年、望月流会報において
「さくらさく」の原作を発表しました。平成5年「第1回はやしとはなしの会」で朗読と鼓による作品として初演してから、
十数回再演を重ねています。鼓の他に笛、箏、三味線、民族楽器・秦琴、ピアノなどと共に多くの方に聞いて
頂いております。最近は私作曲による創作舞踊曲「さくらさく」として平成23年に国立劇場で上演され本年CDも
制作されました。

その間写真集だけで見ていた奈良の地は自分にとって徐々に近い所となってきました。
平成4年、初めて三輪山に上らせていただき、その後数度上らせていただくことができました。
平成14年には「なんでも鑑定団」出演の折鼓胴の生田コレクションと出会い、翌年鼓樂自主公演で三輪山を
テーマにした曲を国立劇場で発表し、そのあと生田氏、小鼓革製作の久保木氏と鼓の研究・普及のため
小鼓研究会を多武峰観光ホテルで立ち上げました。

そしてこのたび談山神社様での奉納演奏と誠に有り難い御縁を頂きました。長い年月を経て、今ここでさせて
頂ける運びになりました事に感謝をこめて演奏させていただきます。
奈良には芸能の原点、芸能の記憶がたくさんあります。皆様には「さくらさく」を通して、芸能のエッセンス「間」を
今一度感じていただき、次には桜井から全国、世界に向かって、 日本の伝統芸能を発信する、
「芸能の山の辺の道」を作っていただきたいと思います。
桜の種は桜井に根をおろし、鼓によみがえることができました。奈良・桜井から日本の伝統芸能がもっと大きく、
パワフルによみがえる物語を再び、私は作ります。「さくらさく」とともに、桜井から山の辺の道を歩き、
皆様とともに全国、世界へ道をつなげてゆきたいと思います。
                                                          望月太左衛